沼津暮らし

沼津で暮らしているウェブエンジニアが雑多に書くブログ

仕事で人を動かすのは難しい 1年間の振り返り

いよいよ2017年も残りわずかとなりました。

仕事収めが終わり家の大掃除を終わりようやく一息をつけました。

これで大晦日を迎えて来年を迎えることができます。

今年の振り返り

今年は現場の仕事から少しはなれ、メンバーを動かして成果を出さなければいけない仕事が多かった気がします。

若いころは何で組織の意思決定は遅くて、現場で困っている事があるのに全然違うことを言っているんだと思っていました。

実際に自分が人に伝えて物事をやってもらおうとするとなかなかうまくいきません。

自分が思っていたように、なぜそれをするのか、何を達成するのかなどを理解して動いてくれないからです。

小規模な案件であれば自分でやってしまえば良いのですが、規模が大きくなれば必要な仕事のスキルは多岐にわたってくることと、量が多いのでどうしても人に動いてもらうしかありません。

人に動いてもらうためには?

時間はかかったのですが、自分が動かないことが重要だという事に気づきました。

今年の仕事は人を動かすというのが役割です。自分が忙しいのではなく他の人が仕事で忙しい状況を作らなければいけません。

何で自分が動いてしまうのかというと、他の人の仕事を信頼していない場合に自分で仕事をしてしまうんだなと。

なので最初にやった事はどんな状況でもメンバーを信頼して、うまくいくようにサポートに徹するという行動に変えました。

そうするとメンバーの人も不思議と自分の役割を強く意識するのか、自分で考えて仕事をしてくれるようになります。

最後に

ぶっちゃけプロジェクトがうまく回ればマネージャーの仕事はほとんどありません。

 

気苦労は多い年でしたが、自分が忙しいという感じがしない変な年でした。

来年からはまた別な仕事になる予定ですが、人に動いてもらうコツを体験できた良い年になりました。