沼津暮らし

沼津で暮らしているウェブエンジニアが雑多に書くブログ

2017年最後のつまみは沼津の真鯛でおしまい 2017年の振り返り

2017年も後わずか

沼津に住み始めてから魚介類を中心に夜のつまみを色々買ってきました。

2017年の最後は年明け前に早いですが、奮発して真鯛にしてみました。

f:id:koijima_proto:20180102235310j:plain

今日の鯛は脂がのっているので淡白な身でありながら丁度良い甘みもありました。

色々な魚もおいしいのですが、値段が値段だけに鯛はやっぱりおしいです。

 

 

鯛がおいしいのは言わずもがななので、今日は2017年の振り返りをしたいと思います。

(とは言っても2017/11からはじめたブログなので、2ヶ月ほどになりますが・・・)

 炉辺焼き

刺身はおしいですが、私はのんびりとビールを飲みながら一日を考えるので炉辺焼きをするのが好きです。

これまで私が好きだったのは蛤などでしたが、以前やったホタテの炉辺焼きでホタテが1番好きになりました。

www.koyamada-numazu.com

前処理は不要といえば不要なのですが、準備も簡単でホタテはナイフなども入れやすくて殻を取りやすいので簡単に準備ができます。

 

とはいえ、蛤と牡蠣も炉辺焼きをしました。

www.koyamada-numazu.com

定番の貝なので当たり前のようにおいしいです。

特にこの記事の牡蠣は生でも食べる事ができるのでレアで食べると一段と美味しくいただけました。

溶岩プレート

2017年にはまったのは溶岩プレート。

直火でも良いのですがマンションという事もあり、あまり煙やにおいを出すことができません。

そのため、火に肉などの脂がつきにくい溶岩プレートを購入しました。

普段は煙が出ないように魚介類の貝が中心だったのですが、これを購入してから肉も食べるようになりました。

www.koyamada-numazu.com

最初やったのは焼肉です。

これははじめてだったので、溶岩プレートが温まるまでのタイミングなどかなり適当でした。

この時は家で焼肉ができるのがすごくうれしく思えた日だったと思います。

特に溶岩プレートで調理した野菜はパサパサにならずにおいしく食べれたのが今でも印象に残っています。

www.koyamada-numazu.com

その後ステーキもやってみました。

かなり適当に焼いたにも関わらず、やわらかくておいしく焼けたのが印象的です。

何より火に油がつかないので家でも気軽にできるのがいいですね。

刺身

今年は行きつけの魚屋で初めて生牡蠣を購入しました。

今まで殻つきで売っているのは知っていたのですが、生で食べられることと殻を処理してくれるのは知りませんでした。

www.koyamada-numazu.com

牡蠣は好きなので毎年この時期は楽しみになりました。

そのほかには・・・

ブリとか

www.koyamada-numazu.com

カゴカキダイとか

www.koyamada-numazu.com

ヤリイカやタコ

www.koyamada-numazu.com

サヨリとか

www.koyamada-numazu.com

太刀魚とか

www.koyamada-numazu.com

全部が沼津産というわけではありませんが、どれも新鮮でおいしい魚ばかりです。

沼津に住み始めて魚を良く食べるようになったなと思います。

2018年に向けて

最近では生活に時間の余裕が出てきたので、炉辺焼きや焼肉をする事ができるようになりました。

来年はもう少し凝った調理方法も挑戦していきたいと思います。