沼津暮らし

沼津で暮らしているウェブエンジニアが雑多に書くブログ

大掃除の倉庫整理は全部出してからしまうものを選ぼう

年末になると年越しの前に掃除をして家の中をきれいにして新年を迎えたくなりますよね。

仕事納めの次の日がたいていは大掃除をしている人も多いのではないでしょうか?

普段掃除しているところは良いのですが、倉庫など普段は使わずに荷物を入れるだけのところは整理をしたいと思っていても見ただけで腰が重たくなるものです。

今回は私が倉庫でいらないものを整理して綺麗にするためのコツを紹介したいと思います。

大掃除の基本

大掃除で物を整理する時には以下の三つのプロセスがあると思います。

1.いらないものを捨てる

2.必要なものを種類や用途に区別する

3.生活習慣に応じて整理された状態でしまう

倉庫がいっぱいの時って大半がいらないもので埋め尽くされているものです。

整理をする気がなくなるポイント

ものが敷き詰められていたり、不規則にものがつめられていると開けるだけでうんざりしますよね?

大掃除をしようと思って倉庫を空けたときは、その状態の倉庫を先ほど記載した3つのプロセスが頭をよぎるのでたちまち「めんどうだな・・・」という気持ちが大きくなります。

何もない倉庫に今と同じ状態でしまうか?

何も入っていない倉庫があった時に今と同じ状態で物をしまうでしょうか?

たぶん整理されて自分たちが生活をしやすい状態でものを詰め込むと思います。

他にしまう場所が無いとかもあるかもしれませんが、整理をしようと思っている状態よりも汚く入れることは少ないでしょう。

 

つまり、現状の状態を整理しようと思うと「めんどくさい」という気持ちが強くなりがちですが、何もない状態でしまうときには綺麗にしてしまう気になるという事です。

最初にすべき事は倉庫のものを全て出す

まずは全部倉庫にあるものは全部出してしまいましょう。

これまで説明したように物を整理するというのは、いるもの、いらないものを分別し、用途を分類して初めてできる事です。

はじめから整理をしようとせず、まずは倉庫の中身を全部出してみましょう。

その中には「本当にまた入れる必要があるのか?」と疑問に思うものが多いことでしょう。

きっと何も無い状態ではまたしまうという事はしないはずです。

物を捨てる時のコツ

一般的な回答になってしまいますが、基本的には「いつか使うかも」は大半は使わずに将来捨てられる可能性が高いです。

1年間の生活で使っていないものは捨ててしまっても問題がないでしょう。

仮に今後必要になったとしても、使える状態に保つ必要があります。

最近では大型のごみは捨てるのがめんどくさいので捨てるときには一度にやってしまいたいものです。

ちょっとでも「使わないかもな・・・」と思ったら捨ててしまうのをお勧めします。

さいごに

大掃除の後はすっきりするもので気持ちよく年末を迎えることができます。