沼津暮らし

沼津で暮らしているウェブエンジニアが雑多に書くブログ

【沼津】高架化事業の長期化と発生するコストと機会損失について考える

今回は沼津の高架化問題から問題が長期化して発生するコストや機会損失について考えてみます。

沼津駅周辺の鉄道高架化は1985年から賛成派、反対派により問題が長期化しています。

沼津の高架化事業の長期化によって発生しているコストや機会損失について書きたいと思います。

ちなみに私は沼津に住んで数年なので賛成・反対はありません。

沼津駅周辺の鉄道高架化

簡単に言うと沼津駅を中心に南北が分断されているので駅周辺の鉄道を高架化させて区画を整備しようというものです。

1985年に計画された事業ですが2000億円かかる事業の事と、貨物ターミナル移転での移転先の住民の理解を得られていないため全然進んでいない事業です。

高架化事業については県のホームページを参考にしてください。

www.pref.shizuoka.jp

市からも以下のようなページで必要性について理解を得ようとしています。

鉄道高架事業の必要性について 

長期化によって発生したコストの考察

事業にかかる費用は約2000億と言われます。

既に700億分の事業は完了し、残りは国、県の補助が出るため沼津市の負担は406億円となっています。

すごくお金がかかる話に聞こえますが、この問題で過ぎた30年で事業とは関係が無い所ですごくお金は使われています。

例えば年収500万の人は人件費で約2倍の1000万はかかります。

こんな大掛かりな事業で数名のはずが無いので、数十名はこの問題を担当していると想像します。

また、説明用のウェブページは委託しているでしょうし、事業を説明するための会を開催するための費用などもかかっています。

年数億のコストは無駄になっていると思います。

もし年間100名近く人がこの問題に関わっているとしたら、年10億で30年で300億となります。

沼津市負担分は406億円となっているので、後数年もしたら実行してた方が安かったとかになるのも時間の問題じゃないかなと。 

結局いくら無駄になり、いくら機会損失になったかは誰もわかりません。

しかし、この何もしない事によるコストよりましです。

取り戻せないコストと機会損失

正直この30年間で使われたコストは無駄と言わざる得ません。

そもそも市長選では賛成派の市長が負けた事はないです。

沼津としては民意を得られている状況ではあります。

市民としてはさっさとこの事業を終わらせて次の町づくりを進めて欲しかったと思います。

現段階で700億分は完了しているという事は事業は実行を前提に進めていたという事が伺えます。

その状況で反対というのはいたずらに費用や時間を消費し、本来得られるはずであった経済効果も低下させるだけとなります。

この記事を書く2018年の段階では既に百貨店の撤退やシャッターだらけの商店街な状況です。費用対効果は当時よりも大分低いと思われます。

貨物ターミナルの用地を確保してから最短で6年で仮設の南北を行き来できる通路ができ、13年で鉄道高架化が実現、20年後に土地区画整理事業が完了というスケジュールです。

今年着手ができたとしても最短で2038年・・・すごい未来に感じますね。

もし、1985年に着手できていれば当の昔に完了して13年もほかの事をする時間がありました。

2005年の沼津と2038年の沼津では全然違います。

 

現在では他の事に予算を使った方が有意義かもしれません。

しかし、1985年からこの事業に費やした費用と時間は戻って来ません。

反対するのは自由ですが、事業に費やすお金は無駄と言うにも関わらず既に進行中の事業を反対して計画が遅れてしまったコストについては忘れないでほしいものです。

借金を後世に云々は良く聞きますが事業の遅延により多くの負債が沼津にはできたと思います。

まとめ

沼津はこの問題を30年近くやっています。

この問題は進行中の計画を遅延させる事はコストや機会損失に繋がるいい例だと思います。

人は具体的金額には敏感ですが、時間をかける事によるコストや機会損失による影響には鈍感だと思います。

 

余談ですが、私の実家でも交通量の多い狭い道路が目の前にあり、この道路を広げるために区画整理の対象となりました。

私が生まれる前からしていた話でしたが特定の人が反対していた事から数十年間全然進みませんでした。

ある日その人が折れたのか一気に計画が進んだのですが、反対していた人が真っ先に自分から移動させてくれとごねたため、私の実家が一番最後になりました。

まるで自分の家が反対していたみたいで「何かなぁ」と思った記憶があります。

無事道路を広げる土地が確保してからは早く、1年くらいで道路は広がり交通量に見合ったものができました。

反対していた人は結果的に得られたものは何だったんですかね?