沼津暮らし

沼津で暮らしているウェブエンジニアが雑多に書くブログ

マイナーだけど美味しいアカラサ(ヒメコダイ)の刺身

今回はあまり見慣れない魚の刺身を紹介します。

この日はあまり種類がなかったので、小さめな魚からお店の人が選んでくれました。

二種類のうち一つは定番のアジです。もう一つがアカラサ(ヒメコダイ)というあまり見慣れない魚にしました。

ヒメコダイとは?

以下のページから引用。

www.zukan-bouz.com

沿岸域の砂地などにいる小魚。
底曳き網などでときにまとまってとれるが、安定しない。
とても味がいいのに小魚なので値段は安く、料理がめんどうなので一般的に流通することはない。
産地周辺などでは煮つけに、最近関東では主に天ぷらなどのタネとして人気上昇中である。

安定して取れないので、市場価値はそこまで高くなくあまり見かける事がないみたいですね。

写真は撮っていませんが赤くて可愛らしい魚でした。

ちなみにアカラサは沼津での表記で、一般的にはヒメコダイらしいです。

感想

f:id:koijima_proto:20180322200006j:plain 

アジについては安定して美味しいです。

私は生姜を多めにして食べるのが大好きです。

本題のヒメコダイは見た目通りもっちりした白身です。

魚独特の匂いも少ないので飽きずに食べられます。

まとめ

今日は値段は忘れましたが、大体700円くらいだった気がします。

ヒメコダイは初めて食べましたが、とても美味しかったのでまた見かけたら買おうと思います。